おしらせ

本年もありがとうございました。

高浜という地名を冠にする我々は、創業以来75年という長い年月をこの町で電気工事業を営んでまいりました。
社員だけでなく、お客様、関係各所、地域の皆様の支えがあってのことです。

12月の当社から高浜市への寄贈式で、『企業とは』のお話をしていただきました。
『企業の社会的責任ってそれは結局、儲けることじゃないのか』
東野圭吾の小説を引用された、企業の社会的責任のお話でした。
『まず儲けること。他のことは、その後で可能になることである。』
人々の生活に役立つものを作り出すこと、利益を地元に還元し地域の発展に貢献すること、
環境保護に努めること。
色々なことができるようになって企業価値が上がっていくのだと感じます。

企業の価値を上げながら次世代へのバトンタッチをして100年企業を目指す。
我々も成長!と日々精進してまいります。
そして、これからも人と電気、地域と未来、様々なものを「つなぐ」企業を目指します。

本年もありがとうございました。
良いお年を!
寄贈式